コミッションの増やし方 ダウンラインの作り方 マーケティング リクルート手法

ネットワークビジネスで新規メンバーをたくさんリクルートしても収入が増えない真の理由とは?

  1. HOME >
  2. コミッションの増やし方 >

ネットワークビジネスで新規メンバーをたくさんリクルートしても収入が増えない真の理由とは?

ダウンラインをたくさんリクルートすれば、組織が大きくなって、その分稼げるようになると信じていますか?実は、ほとんどの場合、1番たくさんリクルートしている人が一番稼いでいるわけではないという事実があります。

リクルートした人数と収入の増加は直結しているわけではないのです。これは、あなたがネットワークビジネスで間違った方向に努力をして失敗しないために非常に重要なことなので、この記事の内容を完璧に理解して、日々の活動に反映させてください。

家族や友人の100人のリストなんていらない

ネットワークビジネスの世界に最初に入ると、アップラインから「まずは家族や友人の100人のリストを作って、声をかけなさい」って指示されませんか?はっきり言って、ネットワークビジネスで稼ぐために、100人のリストなんて作る必要はないです。

それに、「新しい人に出会ったら、その人も見込みだ」という考えも意味がないです。初対面の人に出会ったとして、それだけでその人は十分な見込みだと判断する合理的理由はありません。そういう人をリクルートしても自分が稼げるようにはなりません。

誰でも構わずリクルートしても収入に結びつかない理由とは?

ネットワークビジネスでは、ビジネスマインドを持っている人(ビジネスビルダー)を増やし、商品の流通を発生させることにあります。

新規メンバーをリクルートしても、それに対して主催会社がお金をくれるわけではないですし、あなたに収入が発生するのは、自分のグループ内で商品が消費されたとき(流通が発生した時)です。

しかし、この世の多くの人はビジネスマインドを持っているわけではありません。多くの人はごく普通の人であり、マーケティングに精通しているわけではありません。そういう意味で、100人のリストを作っても、その中のほとんどの人はビジネスビルダーの資質がないので、リクルートしても収入には結びつかないのです。

また、たとえたくさんの人をリクルートして、横にグループを広げていっても、安定したまとまった収入にはなりません。

じゃあ、一番稼いでいる人は、どのようなことをしているのだろうか?

そこで、一番稼いでいる人がやっていることは何かというと、自分の組織を横に大きくするのではなく、タテに深く大きくしています。タテに深堀りして組織を大きくすることで、流通をグループ内に発生させているのです。

ただ、タテに深堀するといっても秘訣があって、新規メンバーをたくさんリクルートしているのではなく、新規メンバーの質を重視してリクルートし、スポンサーしているのです。

例えば、アメリカのあるネットワーカーは17名の新規メンバーをスポンサーしただけで、数千万の収入を得ているし、またほかのネットワーカーも2年間で15人の新規メンバーをスポンサーしただけで、同じく数千万円を稼いでいます。

それに対して、トップリクルーターは新規メンバーを獲得するのは本当にうまいです。それが得意なことなので、ほとんどの時間を新規メンバーの獲得に費やしています。

しかし、それには問題があって、トップリクルーターが勧誘する新規メンバーは、たいていの場合、数回商品を買ってくれる可能性はあっても、ビジネスビルダーとして育つ可能性がないので、タテに深く組織が大きくならないという問題があります。その結果、流通が生まれないので、収入にも結び付かないというわけです。

だから、トップリクルーターは実はあまり稼げない。

一方で一番稼いでいる人はメンバーのトレーニングやリーダーの育成にフォーカスしています。そうして、組織をタテの方向に大きく拡大しているわけです。

そう考えると、友達や家族の100人のリストなんて別になくたっていいわけですし、新たに知り合う人をいつも見込みだって考える必要すらありません。

稼いでいる人は、リクルートする人の質を見極めているのです。その人にビジネスビルダーとしての資質があるか、極めて慎重に選んでいるのです。そして、この人なら人生の勝利者になれると確信した人だけを自分のグループに招き入れ、リーダーとして育成していっているのです。誰かれ構わずグループに入れているのではないのです。

あなたのグループ拡大のヒントになれば幸いです。

-コミッションの増やし方, ダウンラインの作り方, マーケティング, リクルート手法
-, , , ,

© 2021 ネットワークビジネス成功の達人