MLM成功法則 スキル ダウンラインの作り方

ネットワークビジネス(MLM)でリクルートを加速させる方法

  1. HOME >
  2. MLM成功法則 >

ネットワークビジネス(MLM)でリクルートを加速させる方法

ネットワークビジネスでは新規メンバーをどんどんリクルートしていき、グループを大きくしていくことが不可欠です。そのためには、新規の見込みの人をいかに惹きつけるか、いかに興味を持ってもらえるかが1つのポイントです。

そこで、新規メンバーのリクルートを加速させる方法があるとしたら興味ありますか?今回は、あなたのリクルート活動を加速させることのできる「ある武器」について説明します。

ストーリーマーケティング

あなたはストーリーを武器に新規メンバーのリクルート活動を行ったことがありますか?もしまだストーリーを使ったことがないのでしたら、これからのあなたのリクルート活動にぜひ取り入れてください。

ストーリーを使ったマーケティングは、あらゆる業界の集客に活用されています。なぜなら、ストーリーを使うことで見込み客の心を簡単につかむことができるからです。

例えば、10秒間のTVコマーシャルにもストーリーがありますし、なぜこのシャンプーが生まれたのかをアピールすることにもストーリーが使われていたりします。

ストーリーを語ることで、その物語の中に引き込むパワーがストーリーにはあるわけです。だったら、そのストーリーのパワーを新規メンバーのリクルートにも取り入れようというわけです。

あなた自身のストーリーをつくる

あなたはネットワークビジネスに参加した理由がありますよね。それを3分間で話せるくらいのストーリーにするのです。でも、まだこのビジネスで実績がないから自分のストーリーなんて作れないと思いますか?いいえ、人を惹き付けるストーリーを作るには実績がなくても問題ありません。

まだ実績がない場合のストーリーの作り方

あなたがネットワークビジネスに参加したばかりの場合、または参加してからなかなか結果を出せていない場合は、あなたがこのビジネスに参加した理由をストーリーにしてください。

で、そのストーリーの中でのあなたの位置づけは「挑戦者」です。そして、ストーリーの中にあなたが目標としているアップラインを登場させてください。あなたのグループにはあなたの理想としている人生を歩んでいる人がいるはずです。そこで、そのアップラインのような人生を手に入れるためにこのビジネスに取り組んでいる挑戦者として、自分を位置づけるのです。

つまり、自分はこういう目的がある。自分のグループにはこういう人がいて、その人はすでに私が目的としている人生を手に入れている人がいる。そこで私も自分の目的を実現すべく、このビジネスに取り組んでいるというストーリーを作ります。

共感を得るためのポイントその1

で、ストーリーを使って新規メンバーの心をつかむには、気を付けなければいけないことがあります。それは、お金を目的にしないこと、お金を主人公にしないことです。

確かに最初は誰もがこのビジネスにお金目的で参加しますが、お金だけを目的のストーリーにしても、人の心を動かすには不十分だからです。なぜなら、誰もがお金が人生の優先順位で一番だとは限らないのと、お金は、手に入れたい人生を実現するための手段に過ぎないからです。

なので、あくまでストーリーでポイントにすべきことはお金ではなく、お金を得ることで実現したい人生ということになります。

共感を得るためのポイントその2

また、ストーリーにもう少し色を付けて深みを出すためにも、このビジネスに取り組むことに対してのもっと大きな意義も織り交ぜてください。

ネットワークビジネスはお金を稼ぐ仕組みではありますが、ネットワークビジネスの存在意義ってそれだけじゃないですよね?ネットワークビジネスは人のつながりのシステムなので、メンバーの成功をサポートすることで自分も成功できる仕組みです。

その意味で、人をサポートすることで自分も成功できる有意義なビジネスだという要素も取り入れると効果的です。

実績がある場合のストーリーの作り方

では、あなたがすでに何人かのダウンラインを持っていて、実績を作っている場合のストーリーの作り方を話します。ちなみに、あなたのグループの規模は関係ありません。何十人、何百人のグループを持っている必要はなく、たった1人でも2人でもストーリーは十分に作れます。

重要なことは、あなたがこのビジネスに参加して、メンバーを増やしたことで、あなたの人生がどのように変わったのかを正直に伝えることです。

例えば、月に5万円を稼ぐことができていて、それで毎月の家賃が5万円削減できて、家計が助かっている。家族にも喜んでもらって、感謝されている。それに、これを会社の月給を5万円増やすとなると相当な年数と努力が必要で、いろんな壁があったりするけど、ネットワークビジネスでなら自分の努力次第なので、本当にやりがいがある。

こういうストーリーだと普遍性があるので、共感を得やすいと思います。何も月に50万円の実績など必要ありません。数万円規模の実績で十分です。

自分以外の人を登場させること

また、ストーリーを興味深くさせるには、あなた以外の人物を登場させる必要があります。ネットワークビジネスは人のつながりで成り立つビジネスなので、自分だけで成功することはないからです。それにあなただけの話で終わってしまったら、単なる自慢話でしかありませんし、そんな話で人を惹き付けることはできません。

そこで、例えばあなたが自分のダウンラインのサポートをして、そのダウンラインが数千円のコミッションを稼ぐことができたとします。そして、そのダウンラインがそのコミッションを稼ぐことで、どういうプラスの変化が起きたかなどという話も織り交ぜるとより効果的です。そういう小さなストーリーで構いませんので取り入れてください。

まとめ

このビジネスには人生を変えるパワーがあります。あなただけでなく、あなたのグループメンバーの人生を変えます。それも良い方向に、素晴らしい方向に。

だから、あなたなりのストーリーを作って、このビジネスに加わってほしい人にどんどん伝えていってください。ストーリーマーケティングにはその力があります。ぜひ、あなたのリクルート活動に取り入れてください。

そして、もしあなたがメンバーを増やすことができたら、また、すでにメンバーがいる場合も、このストーリーマーケティングをリクルート活動に取り入れるようにサポートしてあげてください。

-MLM成功法則, スキル, ダウンラインの作り方
-

© 2021 ネットワークビジネス成功の達人