MLMの基本 ダウンラインの作り方 マインドセット

ネットワークビジネス業界の質を高める6つの方法とは?

  1. HOME >
  2. MLMの基本 >

ネットワークビジネス業界の質を高める6つの方法とは?

世の中の多くの人は、ネットワークビジネスというものに対して悪いイメージを持っています。例えば、ネットワークビジネスと聞くと、詐欺とか、ネズミ講だとか、ネガティブなイメージをすぐに連想してしまいます。

でも、あなたがほんの一瞬でもネットワークビジネスに関わったことがあるのなら、それは真実ではないと知っているはずです。そして、ネットワークビジネスは世の中にたくさんある、商品を販売するビジネスモデルの単なる一つであることも分かっていることでしょう。

それにもかかわらず、ネットワークビジネスに悪いイメージが付きまとうのは、ネットワークビジネスそのものに原因があるのではなく、それに参加しているネットワークマーケターの質に問題があるということです。

ということは、ネットワークビジネスに参加する人の質が良い方向へ変われば、ネットワークビジネス業界への評価も良い方向に変わるということを意味します。そこで、ネットワークビジネスのイメージを変えるための6つのヒントをここに紹介します。

言い争うな!

ネットワークビジネスは違法だとか、詐欺だとかと言う人と言い争って、反論して言い負かそうとしても何の得にもなりません。あなたが反論すればするほど、相手にパワーを与えることになって、相手もますます勢いを増して、あなたを言い負かそうとしてくるだけです。

そういう人は、ネットワークビジネスの本当のことを知らないだけですし、マスコミが流す間違った情報を鵜呑みにして真実を知ろうとしない人たちです。そういう人と言い争っても本当に無駄です。あなたがネットワークビジネスとはどういうものかを知っていさえすれば、それでいいのです。ネットワークビジネスに悪いイメージを持っている人に理解してもらわなくてもいいのです。

言い負かそうとするのを止めれば、相手は反論しようとする機会を失うわけですから、反論して来なくなります。また、相手は反論することで自分を正当化できる機会を失います。その結果、自分の考えはもしかしたら間違っているのかもしれないという方向へ、シフトできる余地が生まれて来ます。

絶対にウソはつくな!

「ネットワークビジネスなんか簡単に稼げるよ。大変じゃないよ」とウソを伝えることは絶対に止めましょう。

ウソの情報につられて参加して来る人は、たいてい何をやっても本当に真剣に物事に打ち込まないですし、大きく成功することもないです。なぜかというと、そういう人たちは努力もしないで稼げる方法を求めて人生をさまよって、無駄に人生を過ごしている人たちだからです。

一方、真剣な人なら、ウソの情報に誘われて参加するのではなく、真実を知って参加することを選びます。なぜなら、真剣な人は行動しなければ結果は得られないことを知っているので、誘われたネットワークビジネスが本当に時間を投資する価値のあるものなのかどうか、真剣に考える傾向にあるからです。

だから、楽して稼ぎたいという努力をしない人たちを自分のグループに入れないように、「ネットワークビジネスは簡単ではないけれども、努力しがいのある立派なビジネスだ」、「稼げていない人もたくさんいる」ということをきちんと伝えるべきなのです。

この方が、デキる人にはより魅力的な世界だと感じるし、浮ついた気持ちで参加した人が「ウソを言われて参加した」と言いふらして、業界のイメージを悪化させることも防止できます。

自分のリスト数に上限を作るな!

見込みの人をビジネスに参加するように追いかけまわしたり、しつこく迫ったり、お願いしたりするのは止めましょう。そういうことをしても、この業界にさらに悪いイメージを植え付けるだけです。

あなたがしつこく迫らざるを得ないのは、ネットワークビジネスの話を伝えられる人の数が少ないからです。伝えられるリストの数が少ないから、その少ないリストの人たちに固執せざるを得なくなるのです。そういう事態を避けるためにも、たくさんの新しい人と出会う機会を増やして、ビジネスを伝えられる人の数を増やしていってください。

リストに上限を作った時点で、あなたは断られることを恐れ、あなたの行動パターンはネガティブなものに変わってしまいます。そうではなく、リストは無限なんだと捉えて、断られても平気でいてください。

誰かれ構わず契約させようとするな!

経済的な自由や時間の自由を求めているのに実現できていない人はごまんといます。でも、そのすべての人があなたの話に聞く耳を持っているわけではありません。お金が欲しいと思っていても、ネットワークビジネスをやりたいと思っているわけではありません。

それなのに、会う人会う人に契約を結ばせようとしている人がいますが、望んでいない相手にビジネスに参加させようとしても、押し売りされたと思われるだけです。

そうではなく、聞く姿勢を持つ人を探すことにフォーカスしてください。心をオープンにできない人に時間を使っても無駄に終わるだけです。あなたのグループに加わってくれる人は、あなたの話にきちんと耳を傾けてくれる人のはずです。

だから、誰かれ構わず、契約させようと考えることは止めて、きちんと話を聞いてくれそうな人を見つけることに注力しましょう。

良い言葉だけを使う癖をつけよう

良い言葉は、その人の魅力になります。そして、ネットワークビジネスに携わる人が良い言葉を使えば、ネットワークビジネスも魅力的に映ります。使う言葉だけで、業界のイメージを変えられるのであれば、これは誰でもできることなのですからとても簡単なことだと思いませんか?

自分=ネットワークビジネス業界の代表と考えよ!

あなたからネットワークビジネスの話を聞く人は、あなたの印象や言葉から、ネットワークビジネスとはこういうものだという評価を下します。つまり、その人がネットワークビジネスに持つ印象は、あなたの言動にかかっているということです。

その意味で、あなた自身がこの業界の代表者なのだという意識を持てば、自分の言動には今までよりも強い責任感が出てくることでしょう。

そして、同じことを一人でも多くのネットワークビジネスマーケターがやったとしたら、きっとこの業界の健全化に大きく貢献することは言うまでもないでしょう。

-MLMの基本, ダウンラインの作り方, マインドセット
-, , ,

© 2021 ネットワークビジネス成功の達人