リクルート手法

ネットワークビジネス(MLM)のリクルートでYESを引き出すクロージングトーク

  1. HOME >
  2. リクルート手法 >

ネットワークビジネス(MLM)のリクルートでYESを引き出すクロージングトーク

リクルート時に見込みメンバーと話していて、「どうやったらこの人にサインアップしてもらうことができるだろうか?」、「どうしたらこの人は『YES』と言ってくれるのだろうか?」と悩む場面がありますよね。

そういうときほど、無理に説得しようと焦ったり、あの手この手で言いくるめようとしても逆効果です。なぜなら、人は誰でも売り込まれることが嫌いだから。

そこで今回は、見込みメンバーから「YES」を引き出すためのクロージングトークについて紹介します。ぜひあなたのリクルート活動に役立ててください。

このトークが生まれた背景

このクロージングトークはアメリカで1億以上稼いでいるディストリビューター(Aさん)が、自分のリクルート活動の過程で生み出した手法です。

彼はパーティー好きの友人(Bさん)にアプローチしました。その友人はお金に困っていて、毎月の支払いを済ませてもパーティーで楽しめるだけのお金を稼ごうと副業を考えていました。

いまではそのBさんは所属するネットワークビジネスでダイヤモンド・ディレクターになっていて、自由な人生を満喫しています。

でもAさんが最初にBさんにアプローチした時は、なかなかサインアップしませんでした。BさんはAさんのことを信用はしていましたが、失敗するのではないかと疑っていました。

そこでAさんはあの手この手でサインアップを試みましたが効果はありませんでした。そして、Aさんが最後にした3つの質問の結果、Bさんはとうとうサインアップをしたのです。それ以来、Aさんはこの手法を他の見込みメンバーに対するリクルートの時でも活用し、結果を出してきました。

クロージングに有効な3つの質問

それが3つの質問です。

1)もっとお金を稼ぎたいですか?
2)(あなたの主催会社のネットワークビジネス)でもっとお金を稼げると思いますか?
3)もっとお金を稼ぐためのベストのタイミングはいつですか?

多くの人が質問3)に対して「今」と答えて、あなたは「そうですよね、では今から始めましょう」と言って、その人をサインアップさせます。

3つの質問を機能させる2つのコツ

この3つの質問をうまく機能させるにはコツがあります。この3つの質問をこの順番にするということと、質問をした後は相手が答えるまであなたは黙っていなければならないということです。

いいですか、あなたは質問をした後に話してもいけないですし、見込みメンバーが答えるのを助けてもいけないです。なぜなら、クロージングの質問をした後に、最初に話す側がいつも負けるからです。

あなたの見込みメンバーは最初の2つの質問には簡単に答えるかもしれませんが、最後に質問には押し黙ってしまうかもしれません。

沈黙が続いても構いません。あなたは話したり、情報を与えようとしてはいけません。情報を与えても人は買いません。クロージングは見込みメンバーに感情的な意思決定を下させるもので、あなたはそのための質問をした後は、決断の邪魔をしてはいけないのです。

この質問は色々なジャンルで有効

この3つの質問は、あなたの主催会社が提供する様々な商材に応用できるところが効果的です。

ダイエット商材を扱っている場合

1)体重を落としたいですか?
2)(あなたの扱う商材名)で体重が落とせることは分かりますよね?
3)ダイエットを始めるベストのタイミングはいつですか?

サプリメントを扱っている場合

1)もっと健康になりたいと思いますか?
2)(あなたの扱う商材名)でより健康になれることは分かりましたか?
3)健康を手に入れるベストのタイミングはいつですか?

無料で世界を旅する機会を扱っているとき

1)世界中を無料で旅したいと思いますか?
2)(あなたの扱う商材名)で世界を無料で旅できることはお分かりいただけましたか?
3)世界を無料で旅行するのをいつ始めたいですか?

アンチエイジング商品を扱っている場合

1)より若く見られたいと思いますか?
2)(あなたの扱う商材名)を使えばより若く見られることは分かりましたか?
3)いつから若々しく見られたいですか?

まとめ

クロージングには難しいトークスキルなどは不要です。見込みメンバーの本音に迫るシンプルな質問をぶつけて、相手から回答を出させればいいのです。そのためには、質問をした後に話してもいけないですし、答えを出すのを手伝ってもいけません。ぜひあなたのリクルート活動に応用してください。

-リクルート手法
-

© 2021 ネットワークビジネス成功の達人